弁護士費用の内訳

お金弁護士への依頼に関する費用の内訳はまず、相談料(法律相談料)です。これは弁護士に対して法律相談をした際に発生する費用ですが、最近では相談料無料の事務所も多くなってきているので、これは払わなくても済むケースが多いでしょう。次に、着手金です。着手金は弁護士が依頼された案件に対して活動を始めた場合に支払いが発生する費用となり、結果がどうなったとしても支払わなければならない費用となります。最後に報奨金となります。これは依頼が成功した場合に支払う費用となり、もしも結果が悪い物に終わってしまった場合には支払う必要のない費用となります。

これらの中でも、報奨金については必ず事前に確認が必要になります。どこまでを成功とし、どのラインを下回ったら依頼が失敗したと見做すのか事前に決めておかなければ少ない成功額に多くの報奨金を支払わなければならない、と言った事になりかねません。基本的には自分の味方ではある弁護士ですが、ずべてが善人というわけではありません。彼らも当然第一に重要視するのは自分の利益ですから、全面的に信用するのは避けた方が良いでしょう。

主に弁護士費用が高い、と思われているのはこの報奨金の所為ですが、これは弁護士の活躍によって得られる示談金が増えれば同様に増える物ですので、報奨金が高くなる時には自分に入ってくる金額も当然高くなっています。また、相談料と着手金は無料で対応している事務所が増えているので昔に比べて気軽に弁護士に相談しやすくなっています。ですので、もしも交通事故被害にあってしまったという時にはまずは気軽に弁護士に相談してみるのが良いのではないでしょうか。

弁護士の必要性

まずは大前提として、事故を起こした相手側から示談交渉に来る保険会社の人間などは当然加害者の味方として交渉に来ていると考えてください。正確に言うのであれば加害者の味方ではなく、自分の会社の利益を守る事が最優先なのですが、この場合はそう大して変わりません。これは示談交渉に来る人間が弁護士であったとしても同じ事です。ですので、こちらも味方を付けなければなりません。それが弁護士、という訳です。

お金弁護士を付けるためにはお金が必要になります。彼らも慈善事業でやっているわけではないので、何をするにもお金が必要になるのです。仮に被害者側が何らかの任意保険に加入していて弁護士特約があった場合、費用の心配はしなくても良いでしょう。ですが、そうでなかった場合、弁護士への依頼費用は自分で支払わなければなりません。

依頼する事で発生する費用と、自力で交渉して得られる慰謝料などの示談金、弁護士に依頼した場合に得られるであろう示談金を考えて依頼しなくてはなりません。とは言え、弁護士は完全にこちらの利になるように動いてくれますので依頼費用を差し引いても被害者が受け取る金額が大きくなるように動いてくれる場合が殆どです。

全てを信頼して弁護士に任せるというのは難しいことではありますが、少なくとも示談金を保険会社から提示された最低限度の額よりも引き上げ、正当な交通事故慰謝料の額を請求できる弁護士は優秀な見方になってくれることは間違いありません。

交通事故は弁護士へ

車世間には交通事故のニュースが溢れていますが、皆さんは自分は大丈夫と根拠なく思っていませんか。自分だけは交通事故に遭わない、なんて事は絶対にありません。落ち度も何もない一般人が不意に巻き込まれるのが交通事故であり、最大の怖さでもあります。幸運にも命を失わずに済んだとして、交通事故は自己そのものが終わったらそれで終わるという物ではありません。加害者側の保険担当者との示談交渉が始まるのです

こうした事故後の処理である示談交渉には、プロである保険会社の人間が訪れるのですが、もしも何の知識もなく保険会社の担当の言われるがままに書面にサインをすると確実に損をします。なぜなら彼らはあなたが何の落ち度もない被害者であり、様々な後遺症などに苦しんでいるという事を何も考慮せずに最低額の保険金のみで事を済ませようとするからです。それも当然で、相手は企業となりますのでできる限りの出費は抑えようとするものです。

出費が少なければ当然利益として得たものの減りが少ないわけですから企業努力として当たり前のことなのです。そうした事情があるからこそ、詳しい知識を持たない一般人がプロである保険会社の人間と単独で交渉を行うのは難しい事になるのです。では、どうすればいいのかと言うと、そこはこちらもプロの力を頼るべきです。このページでは、交通事故被害を受けた際に法律のプロである弁護士に相談する事のメリットなどを費用の面から説明します。万が一、交通事故に巻き込まれた時の事を考え知識として知っておいていただければ幸いです。