弁護士の必要性

まずは大前提として、事故を起こした相手側から示談交渉に来る保険会社の人間などは当然加害者の味方として交渉に来ていると考えてください。正確に言うのであれば加害者の味方ではなく、自分の会社の利益を守る事が最優先なのですが、この場合はそう大して変わりません。これは示談交渉に来る人間が弁護士であったとしても同じ事です。ですので、こちらも味方を付けなければなりません。それが弁護士、という訳です。

お金弁護士を付けるためにはお金が必要になります。彼らも慈善事業でやっているわけではないので、何をするにもお金が必要になるのです。仮に被害者側が何らかの任意保険に加入していて弁護士特約があった場合、費用の心配はしなくても良いでしょう。ですが、そうでなかった場合、弁護士への依頼費用は自分で支払わなければなりません。

依頼する事で発生する費用と、自力で交渉して得られる慰謝料などの示談金、弁護士に依頼した場合に得られるであろう示談金を考えて依頼しなくてはなりません。とは言え、弁護士は完全にこちらの利になるように動いてくれますので依頼費用を差し引いても被害者が受け取る金額が大きくなるように動いてくれる場合が殆どです。

全てを信頼して弁護士に任せるというのは難しいことではありますが、少なくとも示談金を保険会社から提示された最低限度の額よりも引き上げ、正当な交通事故慰謝料の額を請求できる弁護士は優秀な見方になってくれることは間違いありません。